沖縄ダイビングライセンス取得について

沖縄でダイビングラインセンスを取得する

沖縄でダイビングラインセンスを取得する沖縄においてダイビングを始めてみたい、という人の場合、最近では、さまざまなダイビングライセンスツアーが存在します。

数々のダイビングショップでは、さまざまなダイビングライセンスを取得することができるコースが組まれており、自分が取得したいライセンスの、好きなツアーに申し込むことで、ダイビングツアーに参加することができるのです。

こういったダイビングのコースでは、ダイバーとしての必要な基本的な知識だったり、スキルなどをしっかりと身につけることができますし、最終的には、インストラクターがいなくとも、自分一人や仲間たちと楽しく、そして安全に世界のダイビングスポットで楽しむことができるようになるのです。

こういったダイビングツアーでは、教科書などを用いた学科講習であったり、そして水域での講習、さらには海においての実習などがあり、それに関してのテストなどがそれぞれ設けられています。これらの講習を受講し、そして最終的にテストに合格することによって、ダイバーとして楽しむことができるのです。

こういったダイビングライセンスのツアーでは、3日ほどでライセンスのcカードを取得することが可能となっているのです。

これらのダイビングツアーは、15歳以上と設定されていることが多く、この年齢に達している場合には、親子で参加なども可能となっています。最近では、ジュニアダイバーなども増えてきており、沖縄でダイビング資格を取得する方も多いのです。

沖縄ダイビングライセンス・PADIのCカードはワールドダイビング

PADIのダイブセンターで働く際に必要なダイビングライセンスは?

PADIのダイブセンターで働きたいという方は、プロフェッショナル・コースのダイブマスターと呼ばれるダイビングライセンスを取得しましょう。

ダイブマスターのダイビングライセンスを取得すれば、PADIのダイブセンターで働けるだけでなく、PADIのインストラクターとして、他のダイバーのサポートも行えるようになります。

ダイブマスターのダイビングライセンスの取得には、知識開発、水中スキル開発、実践応用といった講習を受ける必要があります。

これらの講習にかかる時間は個人差がありますが、最低でも2か月から3か月はかかると言われています。 また、教材も必要となるので、講習を受ける前に教材を購入する事も忘れないようにしましょう。

ただし、ダイブマスターは誰でも取得可能なダイビングライセンスではありません。 PADIアドバンスド・オープン・ウォーター・ダイバーのダイビングライセンスもしくは、これに相当するダイビングライセンスを取得している人しか、講習を受ける事は出来ません。 この他にも、ダイブマスターの講習を受けるにあたって、クリアすべき条件は多数存在します。

そこで、事前に条件をクリアしているかどうかを、しっかりとチェックするようにしましょう。