沖縄ダイビングライセンス取得について

沖縄でとれるダイビングライセンス

日本屈指のダイビングスポット数を誇る沖縄には、ダイビングライセンスを取得するためのスクールもいくつも存在します。どこのスクールを利用するかによって行程は変わりますが、目標とするところは同じダイビングライセンスの獲得であり、最終的に沖縄の海でダイビングを楽しむことが目的です。

ダイビングライセンスは唯一無二の存在ではなく、できることや認定する団体によって異なる定義を持ちます。一般的に初めてライセンスの取得に挑戦する人がまず目指すのは、その中のオープンウォーターダイバーというライセンスです。ダイバーとしての最低限の知識と技術を持っていればとれる初級編で、これをとっておけば水深18メートルまで潜ることができるようになります。クリアしなければならないハードルは決して高くはなく、ダイビングに挑戦してみたい願望を持つ全ての人に、その扉は等しく開かれます。

もっと深くまで海を味わいたいという希望や、あるいは水中写真を撮りたいといった望みがある場合には、その先のスペシャルティコースを受ける必要が出てきます。ライセンス全体の中ではまだ簡単なレベルの方で、二日程度の受講での取得が可能です。

ダイビングライセンスの世界は海のようになおも深く、さらにアドバンズドコースやレスキューなど、段階を上げていくごとに海での行動範囲は豊かになっていきます。ライセンスレベルのアップに伴って、沖縄の海は一つまた一つと新しい一面を見せてくれることでしょう。